富嶽の独り言10/02/06

version2→version2.1.5.090205f

操縦関連

・スパイダー以外の全艦艇(航空機は除く)に経由点および目的地を設定できるようにしました。
指令(作戦)-目的地指令(対象)で、任意の艦艇の座標を選択します。
そして、指令(作戦)-目的地指令(経由点)、指令(作戦)-目的地指令(目標)で、経由点と目的地を設定します。
http://hakojoy.net/~bbs/cgi/yybbs/read.cgi?mode=all&list=topic&no=13686
http://hakojoy.net/~wiki/hakojoy.wiki/pukiwiki/index.php?cmd=read&page=%E5%AF%8C%E5%B6%BD%E3%81%AE%E7%8B%AC%E3%82%8A%E8%A8%8009%2F12%2F18&word=%E7%B5%8C%E7%94%B1%E7%82%B9

・手動操縦をすると、自動操縦やランダム移動よりも先に動く仕様を変更しました。
実は手動操縦される艦艇は、プログラムの仕様で優先的(先行移動にはかなわなかった)に動いていたのですが、操縦の手動や自動にかかわらず、処理順はランダムになりました。

・工作艇のデータ処理の方法を修正し、スパイダ新工作艇をスパイダ工作艇に戻しました。
これにより、スパイダも含めた(これまではスパイダには経由地点は設定できなかった)
すべての艦艇に対し、経由地点と目的地点を設置できる様になりました。

移動モード関連

・航空機は移動モードに関係なくランダム移動し、逆に軍艦と舟艇は、移動モードに関係なくランダム移動しない様にしました。

・コマンド艦艇指令変更を撤去
ランダム移動の仕様を変えたことによって、停船/臨戦のモードが実質無意味になったことによる措置です。

・開発画面からランダム移動/指令順守切り替えの入力フォームを撤去
前回のアップで、通常モード(ランダム移動と呼称していますが)と停船モードが、実質無意味になってしまったので、入力すると関係のないコマンドが出力されるバグもあるので、コマンド生成自体行わないようにしました。

・モードによる挙動の分岐・制限を撤廃(モードの切り替えが出来なくなるため)
客船が貿易をする時に、移動モードを調査しない(停船モードだと処理を中止するのをやめる)で常に働く様にしました。

愛称関連

・JPを10Ptを消費してユニットに愛称をつけられる様にしました。
航空機を含む海軍ユニットに任意の名称(全角15文字以内)をつけられます。
開発画面の「コメント変更」欄の下側に「ユニット名変更」という欄があるので、
対象の島と座標と名称を記入して、「ユニット名変更」ボタンを押せば変更できます。

・移動ログにユニットの愛称が表示される様に変更
各ユニットの状況をわかりやすくするために、移動中のログにユニットの愛称が表示される様にしました。

・採集、修理、フリート所属変更、攻撃時(攻守両者)、それぞれのログにも愛称を明記
愛称がログに登場した方が、ログを見る際もユニットの識別が出来て便利だと思うのでそのようにしました。

JP関連

・手持ちの杯や勲章に応じて、10ターンごとにJPがたまる様にしました。
長いことプレイを続けてくださっているという感謝の気持ちに対するJP支給という事です。

''・一定以上のJPはたまらない様変更。
勲章等の持ち数によって、100ターンごとに『お試しJP』がプレゼントされますが、規定Pt(進呈分と同じ)を上回っていれば支給されません。
また、加算された結果規定Ptを上回ったら、上回った分は支給されません。
たとえば、勲章等の効果で100ターン毎に23Ptを『お試し支給』される島は、
10Ptもっていれば、13Ptだけ支給され、23Pt以上持っている場合は、支給はされません。

・JPは勲章0.5~1.5P、参加杯0.5~1.5P、T杯0.5~1.5P、非開発期間

・プレイヤにJPを発給するとJPを入れた本戦の管理人のプレイ島(実際は富嶽実験所別館にデコイの島を仮設置)にも一部のJPが入る様にしました。
プレイヤにJPを発給する場合、発給額の20%が差し引かれ、15%がジョブ募集管理人、5%がJPを発給した海域管理人にそれぞれ支給されます。

コマンド

・破壊コマンドを使える様にする。
自島や他島で施設を破壊(耐久力等を下げる)したり掘削(主に破壊完了後)できます。
他島で破壊する場合は、自軍のスパイダ工作艇が隣接している必要があります。
また、開発期間中の島であっても実行できるため*1物議を醸しそうではありますが、意図した仕様です。*2

対象地形破壊後の効果破壊の費用備考
農場規模が50000人減少*3農場整備費用+2000億円
工場規模が50000人減少*4工場整備費用+2000億円
防衛施設耐久度が1減少*5防衛施設建設費用+2000億円
浅瀬になる植林費用+2000億円
都市人口が10000人減少*6誘致活動費用+2000億円*7
ハリボテ浅瀬になる2000億円
平地浅瀬になる2000億円
荒地浅瀬になる2000億円
軍港系海になる*8軍港設置費用+2000億円

・艦艇高速改修コマンドを設置
ターンを消費せずに改修するコマンドです。改修には4ターンかかるのは変わりません。
諸般の事情から霞級の維持コストを1.5倍にする予定ですが、本戦においては、その設定変更と同時セットで施す予定です。

・コマンド「軍港建造」での抑制を撤廃(付近に敵勢力がいてもつくれる)

10/02/19追加
・停戦賠償金の撤廃
停戦打診時の賠償金支払いを撤廃します

各賞関連

・海域によって授与されるターン杯の種類を別のものに出来るようにする
初級海域では銅杯が、上級海域では銀杯、金杯など*9が授与されるようにしようと考えております。

バグ関連

・「建設中」にもかかわらず、「離陸準備OK」と表示されるバグを修正
あわせて、いくつかの表示を変更。表示はもう少し、ちゃんと変えて生きたいと思います。

・目的地指令による移動中、機雷の上を通過後、地形がおかしくなるバグを修正

・シュミット戦闘機の対空攻撃力がナビに0と表示されるバグを修正

・機雷に接触後は、そのターンの移動ができなくする仕様に変更
2マス移動の艦艇であっても、1マス目の移動地点で機雷に接触した場合、そのターンの移動をそこで取りやめます。
3マス動くユニットが、3マスとも機雷が連続して存在する場所へ突入してしまって、1ターンで一気に轟沈。という事はなくなると思いますが、
そういう配慮というよりも、ちょっとした処理の統一化を図るためにやった処置です。場合によってはまた変更するかもしれません。

・潜水中の艦艇を艦艇訓練できないバグを修正
今まで、訓練できない事があったというバグが報告されていますが、これが原因と思われます。

表示関連

・破壊力と最大耐久力を現在値(現在の艦艇経験値を反映したもの)をナビに表示する様に変更

・最大耐久力が分母に表示される様に変更
艦艇経験値が増えると最大耐久力や最大破壊力が上昇しますが、その事があまり知られていない様なので、艦艇経験値が反映された破壊力の値をナビに反映するようにしました。

・艦艇訓練でも回数が表示される様に変更
数量指定が有効なコマンドなのですが数量指定が表示されないので、数量指定してしまったまま気づかないのを防ぐためです。

処理関連

・あふれた食料の自動換金価格を相場の4分の1(コマンドによる売却)に変更
見落としていたものです。自動換金させたほうが得になってしまうので、コマンドによる売却額と同じにしました。

・あふれた食料の自動換金の結果の収支を機密収支ログの貿易箇所に記載
資産の変動を追う事が容易にするために、貿易収支というところに売却額と売却益が加算されます。
あふれたので自動換金をしたという事実のログ自体は表示されません。

・経験値を喪失する際、喪失する経験値は、小数点以下を切り上げと変更
ユニットを失っても、小数点以下が切り捨てられると、経験値喪失しない場合があるので、最低1だけ失う様に変更しました。
主に「高速軍港設置で設置した建造中の軍港*10、が体のいい囮して使われたりしてしまうのでは」という意見があった事など*11によるものです。

その他

・プログラムのversionを設定一覧と箱庭トップページに表示
バージョンが違う複数の海域があるので、あくまで、富嶽の備忘用で、識別のために、仮に表記させておくだけです。それ以外の用途はありません。

・ユニット表から削除のログの表示を簡略化&日本語化
富嶽のためのものです。ユニット表の異常を確認、データ処理の方法を補正・改良していくためのログです。

・ユニット表への補完のログを表示するようにする
富嶽のためのものです。ユニット表の異常を確認、データ処理の方法を補正・改良していくためのログです。

・新旧データ適合パッチ作成
version2.0とversion2.1とでは、箱庭のデータ構成や格納方法が若干異なるので、データ異常を防ぐための適合パッチを搭載。
hakojoy.cgiの指示ターンにだけパッチを有効に
退治数、勲章、ターン賞、退治数、各賞のデータ適合
新工作艇→工作艇へデータ適合
地形予備データ表示
unit表(がないので)作成
艦艇指令変更(停船→区分けなし)

設定関連

・艦艇のコストの設定変更
霞級のコストを1.5倍に、大和級のコストを2/3倍に、それぞれ変更

・霞級の先行移動能力を無効にしました。

・ターン杯のニュースや表示等にターン杯の色が明記されるように変更
金杯、銀杯(次回の移籍でできる新海域)、銅杯(A,B,C海域)が明記されます。(金杯海域は当面は作らない予定です。)

10/02/19追加
・賠償金の設定見直し
民間艦艇撃沈時の賠償金額を(4000+建造費+艦艇経験値×100)億円にします

・零式潜水艦のコスト変更
霞級のコスト変更に伴い、零式のコストを1.5倍にします

管理関連

・プレゼントコマンドからJPの項目を撤去
ロイヤリティが有効になる様に、今後は、JP支給専用ツールから支給という形にしたいと思います。

移籍関連

・移籍の際のコマンドデータ引継ぎ
移籍しても、コマンドデータが引き継がれます。

・移籍ポイント作成
移籍の基準ポイントを判定するプログラムを搭載しました。
移籍や移籍ポイントについて詳しくは移籍担当管理人のあっぺさんまでお願いします。

 

1 0 1501

 

メインページ


富嶽実験所


*1 一部の機能は対象島の人口によっては実行不可
*2 この辺はそのうち、設定主査ページなどで説明していきたいと思います。
*3 規模が0になると平地に
*4 規模が0になると平地に
*5 規模が0になると平地に
*6 人口が0になると平地に
*7 対象の島が開発期間対象人口以下の時は不可
*8 ちょっとキツイかも
*9 今後、銀杯の上級海域を設定する予定です。金杯の海域はまだ設置する予定はありません。
*10 建造中は撃沈経験値1
*11 他にも初期のシュミット戦闘機を使って行う演習などの効率を悪化させることも狙いのひとつです。