《工期短縮》

その他カテゴリのコマンド。は数量指定(数量1=10Pt+500億円消費)できる。
自軍の建造中のユニットに対して実行できる。
実行された建造中のユニットは、コマンドフェイズ時に、完成度が指定された数量の分だけ上昇する。

解説

  • 《数量指定》?が可能なため、《JP》《資金》?さえ続けば、1《ターン》?《完成度》?を100上昇させる事も可能。
  • 《霞級駆逐艦》《艦艇改修》?の場合も、《建造中》?扱いとなるため、《完成度》?を上げる事が出来る。
  • 《コマンドフェイズ》?中に実行されるが、《完成度》?が工期に達した場合、完成扱いとなる。そのため、完成を前提の上で他の《コマンド》?との組合せが可能。
  • 《コマンドフェイズ》?時に実行されるため、《工期短縮》によって艦艇が完成した場合は、そのターンは攻撃や移動ができるが、維持費は引かれない。

参考

  • 《完成度》?の上昇が10Ptにつき1のため、敬遠されがちだが、工夫次第では、戦局をくつがえす可能性を秘めたコマンドである。特に、《艦艇改修》?を瞬時に行える効果は戦闘中は絶大である。
  • 《補給フェイズ》?時に完成したユニットは、その《ターン》?は行動できない仕様だが、《コマンドフェイズ》?時に完成したユニットには、10/07/01現在、その様な制限が無いため、《工期短縮》で完成させる事によって、《攻撃》《移動》?等の行動を発動でき、多数のコンボが可能である。
  • 自島で長期建造中の艦艇に利用するよりも、他島で《建造中》?《軍港》?など、1《ターン》?を争う時などが有用であるが、《コマンドフェイズ》?時に実行されるのを利用し、《発進》?コマンドや《艦艇指定移動》?コマンドと併用して、夜中などにいきなり完成させ《ユニット》を展開して不意打ちができる。また《メテオ潜航艇》《建造》?とのコンボも、相手に恐怖感を与える上では極めて有効なコンボの1つである。

関連項目

経緯

FAQ



1 0 1147
富嶽太郎